デジタルマーケティングの予算感を徹底調査!

mv.jpg

無料~月額1万円で利用できるSEO対策支援ツール【Gyro-n SEO】

SEO対策は、ウェブサイト運営の基本中の基本です。一方で、複数のキーワードの検索順位を毎日追うとなると、データ取得に時間がかかり、煩雑な作業でもありました。そこで、SEOの非効率的な部分を解決するために作られたツールが、Gyro-n(ジャイロン)SEOです。今回、このツールを提供している株式会社ユニヴァ・ペイキャストのマーケティング本部 デジタルマーケティングエンジニア・向井重文氏(向かって左)、コンサルタント・石井裕介氏(向かって右)に、ツールの利用形態による相場感を聞きました。

01.jpg

弊社は、ウェブサイト改善ツールサービス「Gyro-n(ジャイロン)」を提供する(株)ユビキャストと、決済代行サービスを提供していた(株)インターネットペイメントサービスの合併により発足した会社です。

Gyro-n SEOは、ウェブサイト改善エンジン「Gyro-n」のサービスのひとつで、SEOマネジメントツールです。2015年11月に正式リリースされました。

このツールはもともと、自分自身(向井氏)が自社WEBサイトのSEO対策、ページ分析を進める中で、様々なSEOツールを使用してる中で感じていた課題を、社内のプログラマーに相談したところから作られました。つまり、社内ツールが元になっています。 特徴としては、まず、SEOの分析に必要な、キーワードごとの検索順位を自動で取得できることがあげられます。リアルタイムの結果だけでなく、過去に遡って確認もできますし、競合サイトのSEO順位との比較もできます。注意すべき検索順位の変化は、メールでアラートされるようにもなっています。

自分がSEOの作業をしていた中で、毎日アナログでデータを取得する必要があり、とても時間がかかっていたので、その点を効率化し、SEOに従事している人間の視点で、チェックすべきポイントが分かりやすく視覚化されるようなツールになっています。

商材が多い企業や地域展開の企業が多く活用、インストール型からの乗り換えも

Gyro-n SEOのアカウント数はおよそ8,000ユーザーです。その中でも、商材数が多い、また地域展開している事業など、対策キーワード多い業種として、ECや不動産、人材系の企業様によくご利用頂いています。

Gyro-n SEOの特徴の一つとして、ローカルSEOを進める上で役立つ、地域ごとの検索順位をチェックする機能があります。同じキーワードでも、たとえば東京と大阪では、検索順位が異なることがあります。これは、地域によって競合が違うために起こるのですが、気づきにくい点です。そういった地域に影響されやすいキーワードでのローカル検索を、Gyro-n SEOではチェックできます。

他によくあるケースとしては、インストール型のSEOツールからGyro-n SEOに乗り換る場合です。インストール型のツールは、インストールしたPCを起動しデータを取得します。そのためPCが起動されない休日や、管理者以外との共有に手間が掛かることがあります。 クラウド型のGyro-n SEOであれば、そういった手間を省くことが出来るため、重要なデータの分析と施策の実施により時間を掛けることができます。

02.jpg

Gyro-n SEOには無料プランと有料プランがあります。

Gyro-n SEOの8,000ユーザーのうち、無料版からオプション利用をされる場合も多く、月額5,000円~10,000円が有料プランの中心価格帯となっています。

無料プランは、10キーワードで1サイト、1競合の管理ができます。

有料プランには3つのプランがあり、管理できるサイト数・キーワード数・競合サイト数が変わります。さらにオプションで、サイト・キーワード・競合サイトの個別追加も可能です。また、有料プランでは次の機能もご利用できます。

  • ローカル検索の地域を複数設定できる
  • データをCSVでダウンロードできる
  • AdWordsの表示もチェックできる

導入は、ユーザー登録を行い、管理するサイトの基本情報と、キーワードや競合サイトを登録するだけです。1~3ヶ月程度データを取得していくと、分析や検証がしやすくなるかと思います。

Gyro-n SEOでは、過去のデータを蓄積して、長いスパンでの変化を見ることができます。検索結果というのは本来、その日、その場でリアルタイムに検索した結果しか見られないものなので、そういったデータを蓄積しつつ、常に変化を捉えながら対策をしていくことが、SEOにおいて重要なことです。

Gyro-n SEOは、無料プランでも、SEOマネジメントに必要な機能が多く使えます。キーワードの検索順位に課題を感じているならば、まずは日々のデータを蓄積し、検索順位の変化を分析することが、課題解決のスタートラインとなることが分かりました。

WebサイトのマーケティングにGoogle Analytics(GA)を利用しているという企業も多いかと思いますが、GAでは詳細を追えないキーワード毎の検索順位や競合の分析なども、Gyro-n SEOで対応できます。GAでサイト訪問者の動きを追うことに加え、狙ったキーワードでSEOを行ったり、競合との比較の中でSEOを行ったり、マーケティングの次のステップに行きたいという場合に役立つでしょう。
 

Web担当者向け企画・運営支援サービス「Web担当アシスト」

月額20万円から、あなたのアシスタントとして、経験豊富なWebディレクターがデジタルマーケティングの企画・運営のお手伝いをします。

ディレクターバンクの強みは、Webサイトの運営経験豊富なディレクター人材のネットワーク。
目的に合わせて、デジタルマーケティング運営を支援するディレクターをアサインさせていただき、あなたのアシスタントとしてデジタルマーケティングの企画・運営のお手伝いをさせていただきます。

WEB担アシストロゴ白バック_1280_297.png

最新の見積もり相場レポート

#
WebCM制作の最新相場調査:2018年6月版
WebCM制作の最新相場調査:2018年…
#
LPOツールの最新相場調査:2018年5月版
LPOツールの最新相場調査:2018年5…
#
ソーシャルリスニングサービスの最新相場調査:2018年5月版
ソーシャルリスニングサービスの最新相場調…
#
LPデザイン&コーディングの最新相場調査:2018年4月版
LPデザイン&コーディングの最新相場調査…
#
お問い合わせフォーム作成サービスの最新相場調査:2018年4月版
お問い合わせフォーム作成サービスの最新相…
#
オウンドメディア構築〜運用の最新相場調査:2018年3月版
オウンドメディア構築〜運用の最新相場調査…

見積もり相場ガイドは、facebookとtwitterで最新情報をお届けします