デジタルマーケティングの予算感を徹底調査!

mv.jpg

月額費用相場は15万円。難関キーワードの上位化実績も多数【ファイナルSEO】

企業がWEB広告にかけるコスト比率が年々高まる中で、改めて存在感を強めているSEO。
とはいえ、これまでSEO対策を行ってきたけれど効果が出なかったというケースも多いのではないかと思います。

また、これからSEO対策を行う場合は、何から始めたら良いのか、サービスやツールをどういった基準で選べば良いのか、分からないことも多いのではないでしょうか。

そこで、創業以来一貫してSEOサービスを提供し続ける「ファイナルSEO」の運営会社、株式会社doubLe 村田氏に、本当に効果の出るSEOについて伺いました。

 

弊社SEOの特徴は、上位化スピードが速いことと、難関のビッグキーワードに強いことです。
通常、難関ワードの上位化には年単位の時間がかかるのが一般的です。
しかし弊社の場合、3ヶ月程度で10位以内表示を実現したという実績が多くあります。

もちろん、ワードの難易度やサイトのコンディションによってはもう少し時間がかかる場合もありますが、それでも1年程度で上位表示を実現しています。
こうした実績を裏付ける技術的なポイントが、SEO専門の研究機関であるエフティー社と連携したコンテンツSEOと、精度の高い内部対策です。
コンテンツSEOでは、まず、サイト内の低品質なコンテンツを洗い出し、逆に追加すべき高品質なコンテンツを提案します。
弊社では、半年~1年のロングスパンで見たときに全くページビューが発生していないページ、もしくはユーザーは見に来るもののすぐに離脱されてしまうページを低品質な ページと定義しています。
それはつまり、「ユーザー・ファースト」を掲げるGoogleの考え方に沿ってないということになります。
そうしたページは削除か、リライトを提案します。逆に、ユーザーが欲しているのにWebサイトに不足している情報についての提案も行います。

double002.png
ターゲットユーザーのペルソナ分析から、ユーザーが欲している情報を的確にサイトに反映させる作業フロー例

 

SEOを検討する企業の業種やニーズは様々

SEOも、あくまでWEB集客手法の1種ですから、問い合わせ獲得や商品の購入、あるいは会員登録系のサイトであれば、新規会員の獲得など、WEBサイト上での成果が求められる事業であれば、業種は問わず、さまざまな企業様にご利用いただいています。

「ファイナルSEO」へのお問合せは、ただ単に特定のキーワードの検索順位を上げたいというだけではなく、Webサイト構築や、リスティング広告などを含めた総合的な費用対効果を改善したいというニーズが多いです。
また、他のSEO対策サービスを利用されていて、1~2年やったけれど効果が出ないため、SEO会社の切り替えを検討して、弊社にご相談いただくこともあります。

これまでリスティングなど、他の広告を中心にWeb集客をしてきたものの、これからはSEOにも取り組みたいというケースであれば、まずは既存の効果が出ている広告の予算配分に大きなインパクトを与えない範囲でSEOに投資することも重要です。

SEO会社を選定することは、広告主様にとっては非常に難しい判断になると思います。
Googleが発表している検索アルゴリズムに関する情報を汲み取った上で、SEO会社がどんな対策を行って、どんな成果が見込めるのか、合理的で透明性が高い説明があるかが、一番の判断材料になります。

 

01.jpg

ファイナルSEOに投じていただく予算は、クライアントの事業モデルや規模、対策を行うキーワード数によって様々ですが、中心価格帯は月額15万円程度です。
期間は、2~3年程度ご継続いただくケースが平均的ですが、これもSEOの成果によって様々です。
継続的に成果を出し続けることができれば、4年でも、5年でも継続してご利用いただけますし、成果が出せなければ1年間未満で継続を見送られるケースもあります。
進め方としては、最初の1ヶ月でお客様のWebサイトを分析し、SEO対策の指示書を提出します。指示書では、サイトのどこに問題点があるのか、上位化するためにはどのような修正を加えれば良いのかを項目別にまとめます。HTMLの最適化についても具体的な修正案を示します。
クライアントには、2~3ヶ月程度の期間をかけて、HTMLの最適化作業を実装いただきます。
また、平行して、低品質のコンテンツの見直しや新規コンテンツの投稿を繰り返していきます。 

double003.png
SEO導入から上位化までの簡単な目標設定、作業スケジュール例。


こういった対策を半年~1年程続けると、サイト全体の品質が向上し、Googleの評価を得て、しっかり検索にヒットするようになります。

「ファイナルSEO」の中心価格帯は、おおよそ月額15万円とのことでした。現在、リスティング広告に月40万円~50万円程予算を使っているのであれば、SEOにチャレンジしても良いかもしれません。

SEO対策というと、今は減ったとはいえ、小手先のテクニックで順位を上げるといった印象をお持ちの方も多いかもしれません。ダブル社のファイナルSEOは、コンテンツからしっかりと良質なものを作っていくので、ただ順位が上がるだけでなく、サイトが良質なものに変わっていくということでした。

しかし、本当に重要なことは、Web担当者がSEO事業者のサポートを受けることで、自らノウハウを学んでいくことかもしれません。SEOは一時的なものではなく、Webサイトを運営する上で、継続的に取り組んでいくべき重要なテーマだからです。

ファイナルSEOの公式サイトはこちら

ファイナルSEO

Web担当者向け企画・運営支援サービス「Web担当アシスト」

月額20万円から、あなたのアシスタントとして、経験豊富なWebディレクターがデジタルマーケティングの企画・運営のお手伝いをします。

ディレクターバンクの強みは、Webサイトの運営経験豊富なディレクター人材のネットワーク。
目的に合わせて、デジタルマーケティング運営を支援するディレクターをアサインさせていただき、あなたのアシスタントとしてデジタルマーケティングの企画・運営のお手伝いをさせていただきます。

WEB担アシストロゴ白バック_1280_297.png

無料ダウンロード提供!見積もり依頼先カタログ2018年版

見積もり依頼先カタログOGP.png

最新の見積もり相場レポート

#
WebCM制作の最新相場調査:2018年6月版
WebCM制作の最新相場調査:2018年…
#
LPOツールの最新相場調査:2018年5月版
LPOツールの最新相場調査:2018年5…
#
ソーシャルリスニングサービスの最新相場調査:2018年5月版
ソーシャルリスニングサービスの最新相場調…
#
LPデザイン&コーディングの最新相場調査:2018年4月版
LPデザイン&コーディングの最新相場調査…
#
お問い合わせフォーム作成サービスの最新相場調査:2018年4月版
お問い合わせフォーム作成サービスの最新相…
#
オウンドメディア構築〜運用の最新相場調査:2018年3月版
オウンドメディア構築〜運用の最新相場調査…

見積もり相場ガイドは、facebookとtwitterで最新情報をお届けします